2013年02月12日

姫路のお菓子「千年杉」


昨日、姫路にある書写山に行ってきました。

おみやげのお菓子です。



千年杉に見立てたバウムロールと、お城の行事の時にお茶菓子に出る小粒のお餅。

書写山お菓子1


本日はバウムロールの方をご紹介!
そういえばこれ、いつだったか、石川の姉が送ってくれたような・・・。

あ、やっぱりあった!この記事。
→ http://snowsky10.sblo.jp/article/45807288.html?1360680462
もう、3年前になるんだ〜ぁ。。。この時は小豆クリーム味やね。



今回購入したのは、ゆず餡入りです。

ふたを開けますと、

書写山お菓子2


巻き物をはずしますと、

書写山お菓子3


そして、さらにさらに、

書写山お菓子4

まわりがチョコレートにアーモンドのスライスを砕いたものがまざっていて、
このざらざら感が見た目、杉の肌にそっくり。


中身は、

書写山お菓子5



あ、書写山、明日、レポート載せます。
今日はアップが遅れて、もう次の日に変わりそう。。。^^;




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子

2013年01月26日

西宮名物「えびす焼」


日めくり1月26日「利己心はすべての過失と不幸の源泉である」


この間、えびすさんの日に西宮神社に行った帰り、商店街をぶらぶらした。

と、長〜い行列発見!
(何のお店かな〜?・・・「えびす焼」?)
遠巻きで首を伸ばし、のぞきこむようにしたが、「えびす焼」なるもの見えず。
列の長さに並ぶ勇気わかず、心残りながら通り過ぎた。

願えば叶うもので、先日おみやげにてゲット♪


なんとも味わいのある包み。さすが80年続く老舗。

えびす焼1


おお!!!! これが「えびす焼」!

えびす焼2
(回転焼?今川焼?御座候?・・・よりも小振り)


えびす焼3
(あんこ、しっかり塩味効いてます)


えびす焼場所

1個90円。

西宮駅出口に、御座候もあるんだよね〜。。。
生地はえびす焼の方が、もっちもち。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子

2013年01月02日

金沢の正月菓子

姉貴が送ってくれた金沢のお菓子。

「辻占(つじうらない)」、「福梅」はこの時期限定。

金沢のお菓子1

    金沢のお菓子2

   さて、

   今年の占いはどうかな?

    金沢のお菓子2

   ほんま!? (^◇^)




<追記>

北上して年越し。
まっ白な雪景色を期待して行ったが、道路わきにちょろっと。
夜から降るかと、これまた期待したが、まったく降らず。
雪無しのお正月。。。めずらし。
31日すきやき、元旦カニすき・・・日頃の食生活からかけ離れ、キツイ。。。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子

2012年08月17日

これも絶品!「もなか」



昨日に引き続き、あま〜いお知らせです。


昨日、アップしたもなか、超人気商品のうえ、手造りのため、
多量生産ができず、すぐ売り切れてしまいます。


わたしが買いに行った時も、午前の10時半にもかかわらず、
もう売り切れ。

事前に親戚の人がお店の人に声をかけてくれてあって、
2個だけ取り置きしておいてくださったのを手に入れたものです。


じゃ、他のはないのかと言えば・・・


この2種。

玄武洞最中


六角形。

玄武洞をご存知の方は、ピン!と来ますよね。



裏には、温泉マーク。 なんかかわいい。。。

玄武洞最中2



あんこ見て〜。

玄武洞最中3


「柚もなか」、最高です!

あんの練り具合がなんとも。。。。なしてこんなに舌にマッチするんでしょう?

柚の香りが さわやか。。。(^^)v


ひと口サイズで、中身は奥深い手造りならではのこだわり。

“満足“のひと言。


わたしの中では、今一番のブレーク最中。

あと一品、どら焼きを食べてないので、今度は絶対、買います!



気になってしょうがない方はこちらへ → http://www.made-in.jp/03/index.html





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子

2012年08月16日

「笹屋のもなか」もいいですが・・・


これ、めっちゃおいしいですよ!


城崎の親戚からいただいたのがあまりにも美味しかったので、
次の日に買いに行きました。

地元で一押しの、絶品もなか です!


くるりと一巻きした包み紙がなんともいえずいい風情、
温泉のおみやげって感じでしょう?

一品一品手造りで、丁寧に作っておられるのが 伝わってきます。


かにもなか1


皮が薄いから、やさしく持ってね。


かにもなか2



どうです!このあんこの輝き!!

これが何を意味しているか、
もなか通(つう)のあなたには 分かりますね?

かにもなか3



ひと口ほおばると、サク、フワ〜っ・・・う〜〜〜ん、こおばしい香り。

その香りを楽しみながら、あんこを口の中にすするように滑り込ませ、 

舌の上でちゅるるん・・・とろけますぅ〜。


かにもなか4



笹屋さんの、もなかの皮とあんこの別々のを 自分ではさんで食べたときも

(おいし〜!!!!)と思いましたが、

このもなかは、ひと口食べて、リピート品と確信!



甘み控えめがいいとか、こしあんがいい・・・

なんてごちゃごちゃ言う人には、このもなかは薦めません。

こおばしさ、ツヤ、小豆の固さ・・・・通(つう)の人に贈りたい一品!



となりにいたおにいさんが、4個連続で食べてました b(*^^)




<追記>

中にカニは入ってませんよ(笑)、あしからず。。。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子