2014年06月10日

リンクワーカー


昨日、クローズアップ現代を見ていて知った。


スコットランドでは、認知症の診断直後から

「リンクワーカー」と呼ばれる専門職が

1年間集中的に関わり、

必要な支援と結びつけるというサービスをするそうだ。


(これいいな!)

と思った。


さっちゃんは生まれた時から重度の障害を持っている。

1歳半の今は、医療保険で週3回までと限られた訪問看護と

同日の訪問リハビリを利用中だ。

(お年よりなら毎日でも訪問可能なのに!

 この点も日本はお金のかけるところがズレてる気がする。)


障害手帳もなんとかもらうことができ、助成も受けられるようになったが、

窓口で、障害者用の車の助成は運転者が障害者じゃないと

改造車の助成金は降りないと言われ、ガッカリ。

ビックサイズのオムツが必要になってきて、それにもお金がかかるが、

1歳半ではオムツの助成はできないとも言われたとか。


いろいろ助成があると聞いては、自分たちで窓口には行くのだが、

結局、ダメだったり、その件は他のところで手続きしてからと言われたりする。


わたしたちも情報は提供できるのだが、

それらをコーディネイトしてくれる人はいない。

おとしよりは「ケアマネジャー」がついてるけどね。


「リンクワーカー」というのが存在したら、

吸引器を持って赤ちゃんを抱えながら窓口に足を運んでは

がっかりして帰ってくるなんてことは無くなるんじゃないかな。


きっと、そうなってくと思う。

早く実現すればいいな。


とにかく、サっちゃんに関しては、誰かがコーディネイトしてくれないか、

保健師さんに聞いてみよう!




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99410996

この記事へのトラックバック