2014年04月29日

「ごくろうさま」


いやー、なんとも嬉しい。

88歳の認知症のMさん、運動のあと、

「はい、これで終わります。」と言うと、

「ごくろうさまでした。」(ニコッ。)

と。


数カ月前、

「イヤだ、イヤだ、おかあさんに会いたい。。。」

と、ごねごね言ってなかなか体に触らせてくれなかったあのMさんが、ですよ。


わたしが喜んでいるのは言葉の内容じゃないのです。お間違えなく。

コミュニケーションが取れるようになった、ってことが嬉しいんです。

それって、Mさんが相手のことを認知してくれるようになったってこと。
自分の他の人にも心を向けてくださるようになったってこと。

混乱状態から少し抜け出せられたんじゃないかなぁ・・・
気持ちが落ち着いて来られたのかなぁ・・・

って思います。


今までの中で、

いっちゃん、心に響いた「ごくろうさま」でした(^^)v



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94642359

この記事へのトラックバック