2013年09月30日

摂食・嚥下も「認知」が大事。


昨日は、摂食・嚥下障害セミナー参加。

今年の春から、この関連のセミナーにはちょくちょく参加してます。
それらは、だいたいが、病態とか検査法、実技といった内容でしたが、
昨日のは違ってました。

「認知」といった面から診てみよう、というもの。

間違った運動や感覚を学習したら、体が食べられない状態になっちゃうよ。
・・・ってこと。


なんかこの話、どっかで聞いたような・・・

ひらめきそうそう、先週受けたトリガーポイントセミナーだ!

 間違った感覚を学習してしまって、痛みを起こしている。
 痛み治療は、「認知」という面からも診ていく必要がある。


筋肉とか関節とかだけじゃなく、精神面もはずせないって。

心理、感覚、認知・・・セミナーで、このところよく耳にする言葉です。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76922118

この記事へのトラックバック