2013年09月06日

Tさんのリハビリ


認知症のTさんは、とりかかりはニコニコと調子がいいのですが、
同じ動作を繰り返しての運動は5回も続けばいいほう。
(かけ声かければ10回はいけるかな?)
2、3回めで笑顔がなくなります。

だからわたしは、1種目につき3回で打ち切ります。
テンポよく他の種目も終わらせます。
そうすることで、運動後、Tさんに苦痛の感情だけが残らないようにしています。


ひと月前お会いしたとき、寝ころんでいたTさんが、
先週はベッドの端に起きて待っていてくださって、
昨日はつたい歩きでリビングまで起きてくださってました。

「あかねさんがいらっしゃると言うと、起きると言いましてね、
 ・・・気の持ちようですね!」
と奥様。

嬉しいですね、そうやって少しずつ動けるようになって、
奥様の介助もラクになって。


かつて大学の講師とかカウンセリングとかのお仕事をなさっていた方。
最初にお会いした時から、所作の端々に礼儀正しさが表れていました。
その気持ちも働いての相乗効果。

認知症のリハビリなんてセミナーもありますが、
大事なのは「その人に合わせる」ってことだとわたしは思うのです(^^)

さあ、これからまた、弱くなった背中と脚を鍛えていきましょ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74202200

この記事へのトラックバック