2013年08月27日

金沢レポートその2〜俵屋のあめ〜


旅行先では、地元のスーパーに足を運ぶのがわたしのならわし。

109の地下にちょうどあった。



加賀棒茶、げと。

kanazawa9



ホテル、チェックイン。


俵屋のあめと加賀棒茶、ウエルカムコーヒーで
しばしくつろぐ。



向かって左、練り飴をさらに白くなるまで練り上げたもの。
ミルキーのような固さ。

右は、今夏限定、残り10袋ほどと紹介された塩飴。

kanazawa10


俵屋さんのあめはなんといっても素材がいい。


kanazawa11

もともとお乳が出ないお母さん方の困る姿を見て
お米で代用できないかと考えだされた赤ちゃんにやさしい天然素材。



kanazawa12
(包み紙が正方形。鶴作成。)




いっぷく終了。


午後6時半。

さあ、夜の街へ出ますか。



(続く)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73433292

この記事へのトラックバック