2013年08月03日

早いけど秋の気配。


8月過ぎてから、ちょっと暑さがゆるんだような気が・・・
わたしのちっぽけな経験上の感覚ですけれど。


昨日4時半頃の空は、ギラギラした太陽は隠れ、
透き通った青い空がすーっと高い所にありました。

秋の気配・・・

まだまだ8月が始まったばかり。
なのに、
お盆過ぎのような もの悲しい風も通り過ぎてゆきます。


夕方7時頃、ジョギングにでかけました。

わたしのジョギングコースは、海沿いの幅3メートルくらいの遊歩道。
そこをトボトボ走っていますと、いろんな人とすれ違います。

昨日のベストパフォーマーは、なんといっても「踊っていた人」
高さ1メートルくらいの海岸壁にパソコンの画面開いて、
その前で体をクネクネさせながらステップ。ちょっと通行人を意識(笑)


野良猫にえさをやるおばちゃん。
お説教しながら自転車で通り過ぎる母、娘。
ウォーキングする年配のご夫婦。(ご主人はラジオを耳にあててる。)
ひとり言 はなはだしいサラリーマン。(だいじょうぶかな?)

・・・いろんな人がいますわ(笑)


今頃の7時すぎは、もう暗くて、
ポツポツと街灯もつき、家々にも灯が。

そろそろ、ジョギングの時間も繰り上げなきゃね。




<追記>

 ボクの携帯の待ち受け画面は、撮った写真がランダムに出てくるように設定してある。
 何が出てくるか分からないのが結構楽しい。
 で、それが変哲のない景色でもほとんど「あそこだ」と分かる。
 その短い時間、その場所を一生懸命見ていたということだろうか。

 とにかく空、雲が好きだからつい撮ってしまう。歩いていても、車でも、もちろんご当地先でも。
 「スゴイ色だなあ・・・」もあれば何気ないふつうの空もある。
 でもやっぱり、なかなか風は写らない。

 人が集まると集合写真を撮りたくなる。
 今の偶然を大袈裟に言えば奇跡みたいに思うから「ハーイ、みんな集まって!」ということになり、
 いつか必ず「やっぱ撮っておいてよかった。
 あ、アイツもいたのか」という日が来る。

 誰かが来てくれると必ず記念写真を撮りたくなる。
 とっても嬉しいから。
 もしかしたら、断られるかも知れない、と一瞬怖じ気づいたりもするけれど、その時はその時。
 もうこれきり会えないかも知れないのだから。

 不思議だけれど食べ物を取りたくなる。
 あまり美味しそうだから食べちゃってオシマイじゃ勿体ないような気がするのか。
 誰かに教えたりしたいのかも知れない。自分にそんな趣味はなかったのに不思議だ。
 携帯というのはそんな気持ちを引き出すのかなぁ。

 空を撮るたびに、そんなあちこちを並べたら喜んで見てくれる人がいるかも知れない、そう考えて
 いた。時間が経過していくのが見えるようだし、なんだか、風も写っているような気もする。

 ・・・・



なんでかなあ〜・・・ほっとする。
声に出して読んでみた。気持ちの流れ、「その人」が分かる。

わたしの大好きな人の文章。。。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71715733

この記事へのトラックバック