2013年07月21日

決めつけられない人になる。


S先生は、もくもくと施術しはる。
声をかけることが申し訳ないくらい。

かけたらかけたで、おだやかに誠実に答えが返ってくる。


が、

一旦現場から離れると、


「金髪美人のキャビンアテンダントに声をかけて・・・」

「向かいの美人が・・・」

施術のときとはまるで別人のような会話だ。



最近、ブログを始められた。
それがなかなかおもしろい。

読んでいると、なにかプロジェクトの前には、
美人を見つけては声をかけ、・・・
で、あっさりかわされる・・・

見た目は軽いおじさんの行動だが、
これでガチガチに固まった緊張を解いているらしい。

世界をまたにかけるプロジェクトを行おうとしている人も
そんな一面があるのね。。。



別の人と話をしていて、どっかかんかでS先生の名前が出てくる。

経営コンサルタント、サプリ販売・・・

あれれ?

わたしの見ていたのは、一面?

実体が掴めない。


 
 大人の世界は広いのだ!

 子どもの世界のように目の前だけではないのだ!



この人はこんな人、とは決めつけられないのだ。

というか、「決めつけられない人にもなれる」ってことなのだ。


S先生のように生きていくのもOK!の世の中ってこと。

あたいの世界は、ちっちぇー、ちっちぇー。。。^^;




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71165496

この記事へのトラックバック