2013年06月29日

感動したサービス


昨日、近くのショッピングセンターに行った。
(何回もリニューアルオープンしたが成功ならず、相当古い。)

中にある眼鏡屋さんに、時計の電池と眼鏡のノーズパットの交換を頼み、
他の買い物をして時間をつぶした。

実はこの眼鏡屋さん、8月15日で閉店してしまう。
ただいま「完全閉店」セール中。


30分ほど買い物をして、もうそろそろいいだろうと取りに行くと、
72、3歳くらいのご婦人の接客中。

互いに「ありがとうございました。」と何回も頭を下げている。

(うん、うん、長年おつきあいのあった方の最後の接客だな、
 どうぞ、どうぞ、ゆっくりと別れを惜しんで・・・・。)

ぶらぶらと、スカスカになったディスプレイの眼鏡や時計を見て回る。



「おまたせしました。」
カウンターに戻って来られたので、受け取っていた番号札を渡した。

「時計の電池・・・動きました・・・パット交換しました・・・
 525円・・・・です。」

預ける前に電池交換は1,400円、パット交換は525円と聞いていたので、
2,000円渡した。

すると、

「電池は戻したら動いたので、パット代だけいただきます。」

(?)

「電池はまだ電圧が残っていました。
 時計が止まったのは別の原因かと思います。」

(!)「ああー、そうなんですか!ご親切にありがとうございます。」(^^)

「また止まったら器械の問題です。」

「ああー、ありがとうございます!初めて知りました!」


時計が止まったら、電池交換に出して(別のお店に)、
な〜んも思わずお金渡してきたから、初め言われても、ピン!と来なかった。


黙っとけば、電池交換しましたーって言って、1,400円儲けることだってできたのにね。
(私もそんなことしないけど。)


こういうほんまモンの眼鏡屋さんだから、無くなってしまうのかな。

惜しいなあ。。。。





<追記>

この眼鏡屋さん、先日、眼鏡レンズを交換してもらった眼鏡屋さん。
私がうっかり、自分で自分を紹介して、ずぅずぅしくも割引してもらったという・・・
すっかりお世話になってる眼鏡屋さんです。

無くなるのはさみしい。。。眼鏡新しく作っとこうかなぁ。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70184702

この記事へのトラックバック