2013年04月13日

絵を観てきました。


おおー、今朝はドキドキしました。

グラグラ来たので、頭までお布団をかぶっとりました。

昔、ズズズズ・・・・と来たあと、ドン!と突き上げたのが来たので、
今回も来るんじゃないかと、じっと待っとりましたが、
来ませんでした。ホッ。

あの時はあとで見たら、電気が斜め下に飛んでってましたから。
窓を開けたら、前の家が無くなってましたから。

・・・まだ余震がときどき起きてます。


大阪南部が5−ということで、心あたりの方にメールしかけたのですが、
(まてよ。)と。
もしかして、家族の方々、親しい方々との応対に追われていらっしゃるのではないかと思い、
やめました。
災害時に電話がつながらなくなるというのは体験済み。
どうしても大切な人に連絡がしたくてもできないと、よく聞きますし。

あとでテレビで何度も確認しましたが、岬町のあたりが5−ということでした。
岬町の皆さま、さぞかし恐ろしかったことでありましょう。

石川に住んでいた頃は地震など思ってもみなかったのですが、数年前に能登、
つい数日前、加賀地方で地震。
もう どこもかしこも、であります。




昨日、神戸の「原田の森ギャラリー」に行ってきました。
王子動物園の道路挟んですぐ南にあります。

  原田の森ギャラリー1



もう閉館時間に近かったので、よほど明日(今日のこと)にしようかと思いましたが、
昨日のうちに行っといて良かったです。今日だったら、気持ちが萎えていたかも。

仕事で知り合いの方が出品しておられるとお聞きして、「こりゃ、ぜひ!」と
伺いました。

原田の森ギャラリー2


原田の森ギャラリー3
(中は真っ白の作り。)


神戸ニ紀展、といって、このあたりでは最大の規模を誇る「ニ紀会」のバックアップ。

展示してあったのは、風景画というのではなく、なんというのでしょう、抽象画?
現実の風景を皆さまの心象を通して表した・・・とでも申せばいいのでしょうか、
どのような頭の中からあのようなイメージが出てくるのか、
まったくもって単純な発想しかできないわたくしには、目からうろこ、
奇想天外、うらやましい限りの想像力に溢れた作品群でありました。

思えば、わたしも幼き頃は絵描き少女でした。
絵を描いている時のあの恍惚感。。。
年をとるごとに、発想乏しく、一心不乱に描くということがなくなってしまいました。

ふと、わが人生、なんでこんなせわしなく生きているのか、
これでよいのか・・・と 振り返ってみたりして。




<追記>

芸術に感化されたせいでしょうか。
今日こそはと、ブログタイトルのバックを
季節はずれの雪だるまの写真から一昨年行った山の写真に替えました。
小屋の玄関から出て、朝日を拝んだ後、朝もやの風景です。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64848781

この記事へのトラックバック