2013年02月09日

お父さんの意外な結末


昨日の「純と愛」、お父さん死んじゃったよ〜ぉ。。。

最後の最後にはみんなに感謝の言葉残して、惜しまれながら逝ちゃった。
「嫌〜な」お父さん役、演じ切りましたねー、武田鉄矢さん。
きっついことばかっし言うし、すぐ逃げちゃうし、ほんま嫌やったあ〜(笑)

認知症のお母さんに、やっとこ決断して、お父さんが亡くなったと告げたら、
「なんか、ほっとしたというか・・・泣けない・・・。」って。
もう心を飾れなくなってるんだよね。
人間としての大切なもの(感情)を失っていくつらさが出てたなあ。

なんといってもこの番組、ドラマ的きれいな展開にならないところがスゴイ。
だからラストがまったく想像できないんだよね。



<追記>

まったく話違うけど、中国では「新鮮空気」なんちゅうカンヅメが飛ぶように売れていると。
こちらの昨日は、ものすごく寒くて、冷たい空気がすんごい透き通っていたんだと思う、
嗅覚を痛めてるわたしにも、豚肉の臭いとたまねぎの臭いがよく分かった。
懐かしい、濃〜い風味。。。ひさびさに嗅いだ。
寒いけど、気持ちいいなー、この時期の空気。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62218833

この記事へのトラックバック