2013年02月08日

面接。


雪だったね。


2月8日 朝、雪

朝、ひゅるひゅる〜・・・って、まるで雪国のように。
おひさまが出たとたん、みるみる溶けちゃった。




昨日は、職場の理事長と面接。今月いっぱい全職員と面接するとのお達し。
「日頃皆と話をする機会が無いから。」という名目ですが、
急に面接となったのは、昨年赤字に転落、職員の意識確認が本来のねらいだと思う。

わたしの所属部署は赤字ではなく、今までその儲けを他の赤字部署に補填していたのが、
今年は別の方にまわり、赤字補填ができなくなったとのこと。

で、比較的賃金の高い職種の給料カットをするとの話が出ているらしく
(わたしは直接聞いていない。)、たぶんその話があるよ、と、
他のスタッフからやんやと言われ、それならばと下準備し、ノートとペンも持参、
いざ!と乗り込んでいったのです。



が、


出ないのですよ、給料の話が。いっこうに。

「赤字を出すと会社がつぶれる、皆の職を無くすわけにいかない・・・(云々)。」と、理事長。
(キタ〜〜〜〜!!!!)と内心、身構えるわたし。

けど、

「職場の人間関係はどう思う?」

(ありゃ、話が変わった。。。)

わたしの所属部署のトップはわたしと職種が違っていて、
さらに、他のスタッフとも職種が違い、働く形態も違っているわたしに、
理事長は様子を聞きたかったらしい。

さらに、

「これからこういった仕事の需要はまだまだあるかな?」
「研修の件だけど、どんなのが・・・・?どういうふうに・・・・?」

(えらい盛り上がる。)

そしてついには、

「ぼくの義理の母が倒れてね、デイサービスの・・・・
 ・・・・・・・・・、・・・・・・・・」延々と続く。


(おいおい、いつになったら給料の話が出るんだ?もう時間ちゃうかな。
 本題に持って行かな。そろそろ話し止めよう。)

と思っていた矢先、コンコンコン、次の方がノック。

「もう少し、待っといて。」と、告げに行く理事長。
反射的に椅子から立ち上がっちゃいました、わたし(笑)


そこで話が終わり。いいんでしょうか?あれで。かしげた首が戻らん。

「給料の話が出んかった。。。」とスタッフルームに戻って言ったら、
みんなきょとん。

他の話で盛り上がったなんて、とても言えましぇん。。。




<追記>

あとから思ったんですけど、理事長もお金の話ばかりしててもおもろないでしょうね。
たいていみんな言うことって、お金の話と人間関係の愚痴になっちゃうでしょ。
給料の話はまた次回ってことで。理事長の考え方、人となりも分かったんで。
とにかく「今、自分はどう考えて何をやっているかをアピールすること」・・・
今回の目標は達成。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62177900

この記事へのトラックバック