2013年01月09日

“感情”の渦にハマらないよう


昨日は道場でM先生にガツン!と(食らわされる)。いや、ガツンと言うよりねちねちか。
試験の申し込み用紙を3枚いただけないかと申し出たら、思いもよらぬ言葉が。
これがK嬢だったら「しゃーないな(苦笑)」と横からスルリと渡すのだろうに。

今までだったら、(M先生は忠告してくださったんやな・・・)と受け取っていただろう。
でも客観的に考えたら、あそこまで言われる必要はないわけで、
助手を辞めてしまうということは、こういう仕打ちを受けることなのだと、
辞めてから2年経った昨日、やっと分かった。(← 遅いって。笑)

本業が、個人で集まっても“つーかー”で、ひとつの目標に向かって、
即、その場で力を結集できる仕事のせいか、
道場でも、地道に練習していれば、普通に引かせてもらえるもんだと思っていた。

でも違った。見渡すと道場の中に“感情”が渦を巻いていた。
出稽古に来ておられる方が言っていた所属変更しない理由を思い出した。
「ここは人間関係が複雑。」

さあ、これから自分はどうして行くか?
何かをされるのもしてしまうのも、言うも言われるも、“甘えの感情”。
されても言われてもいいから、自分は謙虚な気持ちを忘れずにいよう。
道場では無駄口を叩かず、“感情”におもむくまま口にせず、緊張感を忘れず。

ちょっとまじめに考えた 11年目の誓い。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61331468

この記事へのトラックバック