2012年06月09日

ダラダラもいい。


昨晩、雨。

梅雨入りの雨です。

窓にあたる雨音を聞きながら、本を読むのもまた格別。
落ち着きますね。
贅沢な時間を過ごしました。

今朝は辺りじゅうがしっとり。
窓から入る風が生あたたかさを吸い取られ、
スッキリひんやり。

寒い。。。

一枚余分に着ました。


今年はことのほか 春の花粉の時期が長引いて、
つい一週間前まで 外に洗濯物が干せませんでした。

冬の間に溜まった大物の洗濯もできないまま。

こうなれば、積み上がった洗濯物を横目に、
夏までこの季節を楽しみましょう。

雨の時期もけっこう好きです ぴかぴか(新しい)



外山滋比古(とやましげひこ)先生の本の中に、
中国の趙甌北(チョウオウホク)の詞が出てきます。

「到老始知非力取 三分人事七分天」

若い時はなんでも力まかせ、その気になれば何事も成らざるはないように思うが、
年をとってくると努力しても、どうにもならないことのあるのが分かってくる。
力でできるのは三分、あとは運。



続いて外山先生は次のように書いておられます。

いい考えを得ようと、あせっても、もがいても、
ダメなときはダメなのである。
むきになればなるほど、かえって逃げてしまう。

見つめられた鍋はなかなか煮えない、という諺がある。
神経をつかいすぎるとそれが仇になって、逆効果になることがすくなくない。

妙案が閃くのも、なんとかいい考えはないかと頭をひねっている時ではない。
ほかの仕事で体を使っていたり、休息していたり、という思いがけないときに、
ひょいといい着想が頭をもたげる。

・・・・




これ“考え”だけじゃなくて、
何かの“結果”を求めること全般に言えることだなあと思います。

(弓道の試験も、ミスしたらいかん、ここは気をつけようと
 気持ちを入れすぎて、逆にほかのところまで失敗したし。)



うん? 

ということは、

これって、

今の私の、ダラダラ生活も悪いことばかりじゃないってこと?ひらめき 

・・・ですよね?


いや〜ぁ、ダラダラ大得意 手(チョキ)

ああ・・・今日もダラダラするのに忙しくなりそうやわ〜 わーい(嬉しい顔)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56339903

この記事へのトラックバック