2012年04月12日

今まで食べすぎだった。


このところ体調がいいんです。

あんなにだるくて、一日中眠くてしょうがなかったカラダが
元気になった気がするんですよ。

いつも、ひし!と気力を上げてから動くしかなかったのに
今はこれやろうかなと思ったら、即、動けます。


何故か?


オステオパシーの施術を受けた後に、水を2リットル飲むようにと言われました。
溜まっていた毒素を体から出すそうです。

実は、水分を摂るのが苦手なんですよ、私。
日頃、あんまり積極的に摂ってない。

でも、飲めと言われたから、飲みましたよ。

施術の帰りにミネラルウォーター買って、一日かけて。
飲めるもんですね。



それから・・・

施術の後は内臓の膜が動いて、本来収まる場所に
内臓が収まるそうです。

私、以前、病院で胃下垂と診断されたんです。

おなかがやたらと空くんで、結構食べてました。

それが、いい位置に戻りつつあるのかしら?
(でもまだ下がったままですよー。)

オステオパシー行ってから食欲がないの、
おなかが空かないの。ほとんど。

すると必然、食べませんでしょ。

思えば、今まで食べすぎだったのかもしれないですね。

食べすぎでだるかったのかも。




テレビで見た 比叡山の大阿闍梨 酒井雄哉氏(千日回峰行を2回なさった)の
食事を思い出しました。

少なかったですねー。

お蕎麦一杯とジャガイモの煮っ転がし二つほどだったか。

それなのに、お顔はま〜るくふっくらされてるし、
体や足にも筋肉はしっかりついてるし、ちょっと不思議でした。

自然な、その人に合った食べる量があるのかもしれません。

そうすると、内臓もムリなく働いて、無駄なものがまったくない状態で
吸収もよくなって、体が作られていくのかもしれないですね。


オステオパシーの施術を受けて良くなったというよりも、
食べる量が減って内臓を休めたから良くなったという感じです。

でも、施術を受けに行って内臓に目がいったことで、
今回の気づきがあったわけですから、やっぱり行って良かったと思ってます。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55242754

この記事へのトラックバック