2011年12月30日

石川のお正月が届いた。


さっき立ちあげたら、プロバイダーのトップ画面が変わってた。

こまごましてたリンクを取りはらって、
メインブロックの部分を広くしてあったから、のびのびしてメチャ見やすいの。

でも、次行ったら前のに戻ってた。おためし中なのかな?



さて、昨日は、石川の姉から宅配便が届きました。

雪の中から掘り返してくれた大根と、お正月のお菓子、
この時期限定の「かぶら寿司」です。

大根、触るとパリッと割れて掘りだしにくかったそうです。

大根おろしにすると水ばかりになるような、パツンパツンですよ。



「かぶら寿司」・・・実は苦手です。

でも、姉のだったら食べられます。

姉の作ったのは味がまろやかやし、魚もすじが無いし臭くないし食べやすいの。

“寿司”っていうけど、カブの側面に切り目を入れて、中に塩で〆た
ブリとかサバの切り身を入れてコウジの中に入れて漬けこんだ物。

姉から4

姉から3


去年も載せたっけ。

甘いから、おかずにもなんないし、金沢の昔の人は
どういう意図でこれを作り始めたのかな?

ブリの保存のためだったのかな?



お菓子は、お正月といえば「福梅」。

昔からあるお菓子です。

姉から2


紅白の2種だったのに、へ〜〜〜、今年は金色バージョンもあるの!?

姉から1


中には砂糖で練ったようなテカテカ光ったアンコがどっしりと。

昔は、砂糖がたくさん使われているアンコは贅沢品だったのでしょう。


実はこれも苦手。

でも、お正月だけですから、

石川県人はこれ食べないとお正月じゃない!

・・・なんてね、

「甘い甘い。」言いながら食べるんですわ(笑)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52614971

この記事へのトラックバック