2011年11月19日

こうなったらとことん極めちゃる!


おととい弓の作法で注意された点が納得いかないんだー。
腰に手をあてる位置が低い、って。

「あんたの腰骨の、ここやで!」

○先生は私の骨盤の一番高い部分を押さえた。



教本には、手の位置は「腸骨の前上方先端に拇指があたる位置
腸骨前上棘)」と書いてある。

それは、解剖学の上前腸骨棘のこととすれば、
骨盤の一番高いところではない。

高い所から前にすべり降ろして、ツン!と出っ張っている部分なのだ。


おとといの晩から昨日、ネットにかぶりつき、
日本のトップの先生方の基本の姿勢、動作をチェックしまくった。


・・・・私の、で 合ってる!




小笠原流の作法の動画にもたどりついた。





これ、 すごいわ。

隙なし。

自分の動作はまだまだ。


この動き、見たからにはもう忘れられへん。

私の細胞は、動き始めてる。



やっちゃるわ。



こんなんも見つけた。

逆立ちして、脚で弓引いてる・・・目

sakasayumi

http://youtu.be/g0jXZkljyiY?t=51s


ん、まあ、これはこれで。。。




弓道はあくまでも“道”やからね。






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50635329

この記事へのトラックバック