2011年10月14日

中身は中2


雨のアサガオ


雨 ダス。

さっぱり降ってくれれば、この体の熱っぽさも取れるかな。
大雨になる恐れがあるって、それだけは勘弁して。


さて、日記。

昨日、道場の後輩(年は同じくらい?)のYさんと
話してたんだけど、Yさん、言うんだよねー、

「僕、中身は中2くらい。」って。

元ボディビルダーさんやから、ごっつい体して、鋭い目つきで
そんなこと言われると、おもしろいやら、意外やら、
なんかかわいらしくてね、反応に困った。


自分は何歳くらいに思ってるかなーって考えてみたのね。
そしたら、いろんな感覚が入り混じってるのに気がついた。

中学2年生の頃の気持ちも残ってる。
ちーっと将来が見えてきた18歳の時の気持ちも、
思うように行かない22の時の気持ちも・・・。

ときどき、思っていることが、今の自分の年に照らし合わせて、
中途半端だなぁ・・・と思う時もある。

もっと大人にならなくちゃ、って自分の気持ちを抑えつけるのが、
都合のいい解決の仕方になっていることもあるかな。


中学2年生の時の自分がそのまま出せたら、
な〜んも怖いものないかもしれない。

一人の時間、みんなとの時間、学校での自分、家での自分、
それぞれ夢中だったね。


あの頃、夢と希望が、
なんて強い「生きる力」となっていたんだろう。


「僕、中身は中2くらい。」

言えるYさんがまぶしかった。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48579548

この記事へのトラックバック