2011年09月17日

喜怒哀楽のある普通の生活


昨晩は、職場の研修会。

権利擁護支援センターのセンター長の講演。

「虐待」の見分け方と私たちの職種ができるサポートについて。


虐待というと一般的な日本語の意味でいうと、むごいこと、とか
残酷な待遇というイメージがあるけれど、
実際の現場では、本道からab(逸脱して)use(用いる)、
人が権利・権力を乱用・悪用(誤用)する
ことが虐待の意味だそう。


私たちは虐待かどうか判定はしなくていいから、
「かもしれない」と思ったら、通報してください。
ということでした。

何も大声出して怒っているから虐待ってことではなく、
あれ?と思ったところに虐待の要素がある。

トイレや風呂場、台所、冷蔵庫の中など、水回りに特に何らかの様子が出やすいので、
家に入る機会が多い私たちに協力してもらえればとのこと。


喜怒哀楽が出ているのは普通の生活

この言葉がなんだかとっても印象に残りました。





<追記>

泣いたり笑ったりか・・・最近、リラックスしている時がないな。

これ見てまったりと。
「メリは外泊中」からだ〜い好きな曲 2曲。

「Hello Hello」


「My precious」


カメラさん、なめるように撮って・・・上手いなぁ〜。

グンソクさん、声いい、カッコいい。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47995417

この記事へのトラックバック