2011年06月21日

ツバメの巣


ホリエモンさんのアイコン、鉄格子がついちゃったね。

2年4か月の間に、精神的にも肉体的にも社会的にも
スケールアップして現れることは間違いないんだろうけど、
・・・というか、期待してしまうんだけど、
不謹慎と言われようが、なんだかさみしい気持ちがしてくるのを否めない。

日本って、これからどうなるんだろう。

引っ張ってくれるリーダー欲しいよね。




ん・・・っと、日記書くか。。。


市内の真ん中でツバメの巣を見つけた。

ちょっとこぶり。

見てたら、親ツバメがやってきた。

ツバメの巣
(逃げるかと思って、あわてて撮ったらブレちゃった!)


親って頼もしいね。

親に守られているときって、しあわせだったなー。


田舎で飼っていたネコが、ミケっていったんだけど(三毛猫だったから)、
子ネコを4匹生んでね、4か月もしてそれらがやんちゃするようになった頃、
野ウサギやらヘビ(それもマムシ・・・頭、ちゃんと噛んであったよ。)やら、
捕まえてくるわけ。

突然、家の中にゴロっと転がっているから、おったまげるよー。

ほんでそれをどうするかっていうと、子ネコたちに与えてね、
子ネコたちはそれらをポーンと放り投げては、ダダダーって走って
我先にと捕まえに行くの。

ゴロンゴロン転がしたり、好き放題して遊ぶのね。(残酷。)


ある日、ツバメを取ってきた時は、(ああ。。。やってくれた。)と思った。

さすがにミケ、父に、しこたま怒られてた。


子どものためになんでも捕まえてくるのよ、誰が教えたわけじゃないのに。

悪気はないんだけど、ツバメは・・・
巣の中の子どもたちはどうなっちゃったんだろう。



そんな思い出をね、ツバメの巣を見つけるたびに思い出しちゃうよ。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46161305

この記事へのトラックバック