2010年06月26日

止まるわけにはいかんぜよ。

昨日、昼過ぎから雨。今朝までしとしと雨が続く。 午後から雲マーク。雨上がるかな? さて、今日の注目。 「不登校の子どもが疲れやすいのは精神的なものではなく、  脳機能のバランスの悪さが背景にある。  今後どうすれば本来の脳機能を取り戻せるかを研究し、  子どもの疲労をカバーしたい。」 そう話すのは、子どもの睡眠と発達医療センター長の三池輝久氏。 三池氏は、理化学研究所分子イメージング科学研究センターなどでつくる 研究チームのメンバーである。 同チームは、「慢性疲労症候群」の子どもは、2種類の作業を同時に行う場合、 健康なこどもが文字の読み取りなどを担う左脳だけを使うのに対し、 直観力や独創力をつかさどる右脳も使うため疲れやすいとみられることを 突き止めた。 同症候群の子どもは、2種類の作業を同時に行う「注意配分機能」が 健康な子どもに比べ低いことを確認。 ひらがなの文章を読んで「あいうえお」の母音に丸を付けながら、 文章の内容も理解する作業を指示。 同症候群の患者17人のうち9人が、左脳の前頭葉にある「左下前頭回」と 呼ばれる部位に加え、右脳の「右下前頭回」も使っていた。 健康な子どもは使っていなかった。 ・・・・(25日、日本疲労学会にて発表) 単に、怠けてるとか精神的に弱いとか、決めつけちゃいかんもんやね。 より最適な対処法の研究がどんどん進んでいくことを期待しますよ。 子どもといえば、剣道をやっている小学生の男の子が、 同じく剣道をやっているおねいちゃんに勝ちたいってんで、 5日間、猛特訓したのをTVでやってた。 顔つきや話し方が、1日1日・・・練習が積み重なるにつれ 変化していくのが分かった。 おねいちゃんとの試合の日を迎えて試合前のインタビューで、 おねいちゃんが、勝つ自信「95パーセント」と言ったのに対して、 男の子の方は、「100パーセント」と答えた。 結果は、二本先取の男の子の勝ち!お見事!! なんか教えられちゃったな。。。 猛練習したら自信がつくんだよね。。。 こんだけやった!ってのは、それ以下のものがないから。 まだまだ やれるゼ。 P1020610.jpg (一昨日の東の空。) P1020611.jpg (西の空。美しいものは不気味だ。)
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: