2010年04月07日

私は関西の北陸人

八百屋さんの前を通りかけた。 髪を金色に染めたお兄さんが品出しをしている最中だった。 チリンチリンチリンチリン・・・ チリンチリンチリンチリン・・・ 六十半ばくらいのキャップをかぶったおじさんが、 店先を過ぎたところで自転車にまたがったまま お兄さんの方を見ながらニヤニヤ。 ベルをリンリン。 (どうやら知り合いみたいだね。) お兄さんは野菜を並べる作業を続けていたが、 あんまりリンリン鳴るので顔を上げた。 おじさんと目が合った。 「どこの暴走族かと思った。」 ニコッ。 関西だなぁ?。 こういう言葉がふっと出る。 「あら!? ●●さんじゃないの。コンニチハ。」って言葉より先に出る。 私も関西に住んで関西弁も使えるようになってはいるものの、 このお兄さんやおじさんのようにシャレたコミュニケーションの 取り方はできない。 まだまだ関西人もどきなんだよね。
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: