2010年01月27日

一日の終わりに。

昨日の夕日は、めっちゃキレイやった。 仕事を終えて玄関を出たら、 向かいの3階建てのビルの窓に、 朱色に輝くお日様があった。 振り向けば、西の空は、水に絵の具を溶いたような 抜けるような濃いオレンジ色に染みていた。 自転車を飛ばし、デジカメを取るため家に寄り、 海へ走った。 が、 rakujitu1 あっという間に日は落ちて、 カメラに収めることができなかった・・・・ 何を拾ったのだろう。 二人の子どもが、迫る波をよけるふうもなく、 手のひらの「それ」を覗き込んでいた。 rakujitu2
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: