2010年01月20日

脱がせていただきます。

昨日、今日とポカポカ陽気。 コートを着て10分も歩くと汗がじんわり。 昨日、電車に乗って、いつものカイロプラクティック院へ。 施術を受けるのに半袖Tシャツ姿になると、 J先生に「寒くないですか?」と尋ねられた。 暑いんですよ。 なにせ、いつも2度とか4度かいった弓道場で、 肘から下は素肌を出した薄い道着姿。 電車の中も部屋の中も暖房の効いたところに行くと 暑いんです。 さすがに半袖では目立つので、電車の中では、 薄いセーターを一枚重ねてますが・・・。 仕事で他所に行ったときも半袖姿です。 帰りに梅田の紀伊国屋書店に寄りました。 一歩入ったとたん、暑くて暑くて。 周りを見渡すと誰もコートを脱いでいる人が いないんですね。 でも、ガマンできなくなって脱ぎました。 「女が衣服を身につけるのは、それを脱ぐためである」                      (ジョージ・ムーア) これとは関係ないですよ。↑ <追記> 真冬の真夜中、それも誕生日に、 裸足で舗道を歩いた人がいた。 「私にとって已(や)み難き要求なる個性の表現のために、  あらゆる有縁の個性と私のそれと結びつけようとする  厳しい欲求のために、私はあえて私から出発して歩み出して行こう。」                           (有島武郎)
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: