2009年11月25日

何事も進歩の過程は同じ。経験は財産。


 射形が整いながら当たらない弓でも、
 筋が通り、見所があるもの。
 自然体の骨法に生まれ変わりつつある証拠で、
 実は大きな進歩であり、
 「未完の開発」に努力すれば、
 必ず完成し得る可能性を持っている。




そうだ!
がんばろう!

基本に戻ろう!

一つ一つの動作をチェックして、
どんなに困難でも、今踏ん張って、
悪癖をとっぱらい、未来の舞台に立とう!
そして、誠を尽くした迫力のある射をしよう!

当たりに妥協はしない。

必ず完成できる。

なりたい射になる。



なーんてね。
おととい唐沢氏の本の中で出会った文章に
えらく自信をつけられました。
それで昨日は、教本に書いてあるとおりに、
一つ一つ要所を押さえながら引いてみました。

そこで、ふっと気がついたこと。
やってみると、驚くほど射が変わりました。
ほんの少し、右手の薬指と小指を
締めただけなんですよ。

ヒントが得られると、
とっても嬉しい。


今日の練習も楽しみっ!

行ってきます!


 弓射にはいろいろの方法段階のあることはすでに述べたが、
 これを正しく会得する過程にあって、何回か「これか」という
 自信のようなものが生まれるが、やがてそれも崩れてくる
 ことのあるのは、だれしも経験するところである。
 そこでまた出直し苦心を重ねて次の段階に入って行く。
 このように積んでは崩れ、崩れては積みながら努力を
 重ねるところに進歩がある。
 「巧者」の射をみて、それにあやかろうという気持ちは
 だれにでもある、「巧者」の長所を採り入れるのはよい。
 しかし初心を心として常に研鑽あくことなく、自らの
 努力によって向上するよう心がけることこそ肝要であろう。




posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: