2009年11月02日

内申書の意味

はるな愛さん、美女世界一おめでとうっっっ!!! 彼女、めっちゃキュートだもんね。 昨晩、愛嬌いっぱい、ハートが画面からこぼれおちそうな 彼女を見ながら、元から女の私のほうが、 「女」としての魅力を発揮しているのだろうか? 最大限に女の機能をはたしているのだろうか? 自分はこれでいいのだろうか? ・・・・・ふと考えてしまった。 これでいいってことは・・・・ないかも・・・ね。 はるなさんみたいに、笑ってないからなぁ?。 中性的と言われて何も感じない自分は、 こりゃとんだ問題なんじゃないかと、 今さらながら思う。 体型も出るべきところは出てないし、 骨組みガッチリ、 仕草もがさつだし、 喋り方も・・・・・ 私って女としての魅力、あるのかしらん??? 以前、もう一つのブログ「あかね●●」に書いたけど、 高校入学時、中学校の内申書が本人に配られた話。 手違いに気づきそそくさと回収されたが、 時すでに遅し、私はしっかり読んでしまっていた。 「とても女性らしい人です。」 35歳男性担任は何を思ったのか、 そんなコメントを残してあった。 その時は、内申書ってこんなことが書いてあるんだ!?って、 びっくらこいたのと、意外な内容に照れくさかっただけだったが、 今になって思えば、美女女性らしいは違うんだってことだな。 私は小学生の頃から、ませガキで、 ある意味で先生方をけっこう 手こずらせていたんじゃないかと思う。 生意気で、訳分からなくて、 そんなところが「女性らしい」という 表現になったのかもしれない。 ま、気楽に考えれば、 先生の最大の愛の表現だったとして、っと。。。。 まてよ、 生意気で、 訳分からなくて、 おまけに嫉妬深い・・・・ これってさ、 最大限に「女」の機能、発揮してるんじゃぁ・・・・? みなさん、迷惑かけてスミマセン。。。。 これからあたくし、 お目目うるうる、アヒル唇の 美っ、美女になるように頑張りますっ!! (えっ、もう手遅れ?) <追記> 円楽さん、ありがとう。 小学生の頃、「笑点」毎週見てました。 面白かった。 evening2 落日。
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: