2009年10月19日

積極的休養中。

ほんま今年はカメムシが多いわ?。 いったいどうやって侵入してくるのか、 昨日は部屋の壁に2匹も見つけた。 紙の上に歩かせて窓の外へ。 この間は、弓道場の床の上を歩いていた。 手の先に乗っけて外に逃がしたYさんが言ってた。 「虫も人間もなんでもいっしょ。  強く当たると相手も警戒して強く当たってくるんだ。  そお?っとやれば、くさいの出さないよ。」って。 田舎育ちの私には、乱暴にあつかわなければ カメムシがくさくないのは、とっくの昔に分かっていたことだが、 Yさんがそんな哲学めいたことを言ったのにはびっくらこいた。 ・・・・・でも、ちょっと見直したりして・・・・(^.^) さて、ぎっくり腰以来、パワーダウン気味のワタクシ。 眠くてしようがない。 寝ても寝ても眠れる。 可哀想になあ・・・疲れてたんやなぁ?と自分に声をかける。 だから昨日の休みも積極的癒し。 寝る→読書→寝る→読書→思い立って掃除→読書→寝る・・・・・・ 途中、インスタントラーメンを食べた。 冷蔵庫の残り物総ざらい↓ (栄養がかたよりなく摂れれば、まったくこだわりなし。) インスタント (麺はどこだ!) そして、また寝た。 <追記> 「本当に頭がよくなる 一分間勉強法」という本が人気だそうで、 それなら読んでみようと思い買った。 255ページ。1400円也。126ページまでは導入部分。 第4章から本題へ。1冊の本を1分で読むんですって。 でも、速読ではなく、リーディングは、 「Reading」じゃなく 「Leading」なんですって。 これはおもしろい発想。ああでも、準備がめんどう。 「プロフェッショナルたちの脳活用法」(茂木健一郎 NHK「プロフェッショナル」制作班 編著)の本も同時購入。 ゲストとして出演した各分野のプロの語録を掲載。 プロ中のプロの日常の過ごし方、考え方を 脳科学者の茂木健一郎氏が脳科学の観点から 分かりやすく解説してくれている。 221ページ。700円。断然、こちらの方がおもしろかった。 先の本の著者は、受験に失敗。 代々木ゼミ模試全国一位だったにもかかわらず。 予備校の先生が会場の予備校生にこう言った。 「このテストの点数なんて、関係ないぞ。・・・・・・  誰が日本で一番勝負弱かったかということを  判定するテストだから気にするな。」 先生はその張本人がその場にいるとは思わなかったでしょう。 テストで1位を取って、私ははじめて涙を流しました。 ・・・・・と書いている。 たくさんのノウハウ本が出ているけれど、 結局、やり方はどんなでもいいんだと思う。 プロフェッショナル・・・の本を読んでいても思ったけど、 心が痛めつけられる失敗を経験した者は どんな方法でもやり遂げるんだと思う。 「失敗は成功のもと」の意味を味わう。
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: