2009年09月17日

バッタが帰ってきた?

昨晩、玄関前のアサガオの蕾を数えに行ったら、 近くに置いていたバケツの淵に懐かしい姿を見た。 ショウリョウバッタ。 おんぶバッタともいうみたい。 7月ぐらいからだったろうか。 シソの鉢に居すわったヤツは、大きくなるにつれ、 友だちまで連れてきて、葉っぱが丸坊主になりかけた。 そのため、目の前の公園に放したのだった。 →「夏のかけら」 (もしかして、こいつは・・・・・・あの時の?) 胸がキュンとなった。 こんなバッタが街のド真ん中にそうそういるわけがない。 (会いに来てくれた?) まさか・・・・ね。 夏は過ぎた。 な?んも変わらず。 いや、変わったかな。 民主党が圧勝した。 虫たちには住みよい世界か? しあわせか? 昔、田舎の野原で跳ねていたあの時とは、 まるで違う世界で。 夢中になって、バッタを追いかけたあの時代は なんだったんだろう。 夢・・・・か・・・・。 バケツのまま、そ?っと運んで、 また、草むらに見送った。
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: