2009年08月27日

本当は相思相愛がいいけれど・・・

恋愛は、「勘違い」から始まるっていいますものね。 「あの人も、わたしのこと好きでいてくれる。」 なんて思うことができたら、おもいっきし張り切っちゃう! なんでもかんでもが、上手くいくように思えてしまう。 俄然やる気が出て、仕事だって勉強だって、 よりよい自分になるためにがんばる。 怖いもんなんて、ナシ! めちゃくちゃ能動的になる。 自分の意志で、自分を変えようと努力する。 それも、楽しみながら・・・・・ これ、わたしの行動パターン。 ・・・・・・・いや、その、恋愛の話じゃなくて、 「勘違い」の話なんですけれどね。 「勘違い」って、大事だと思うんです。 そりゃ、自分の思いに沿ったように万物が動いてくれれば、 「勘違い」どころか、互いの相乗効果でよりパワーが生まれると 思いますが。 昨日、ひさしぶりにM先生が弓道場に来られました。 M先生は、我が道場女子トップ。 その先生が、わたしの演武を見て、こそっと一言。 「力強さが出ればもっといい。」と。 おお?!先生、見ていてくださっていたのですか! こんなワタクシにコメントしてくださるのですか! わたし、感激ですぅ。 先生が見ていてくださるのなら、火の中、水の中。 どんな修行もいたしますぅ。 精進しますぅ。 わたし、なんとしてでも、「力強い所作」を身につけますっ!! 先生のご期待にそえるようがんばります! ・・・・・・へへへ。 先生の期待なんてもんは無いのかもしれないんですけど、 信頼する人が見ていてくれて、そのうえアドバイスをもらえるってのは、 嬉しいもんです。 見ていてくれる・・・・というのは、大きな「勘違い」だとしても、ね。 もし、それが本当に「勘違い」だったとしても、 そう、恋愛なら、「相思相愛だ」と自分が勝手に思い込んでいたとしても、 もちろん、気がついたときには、がっかりするけれど、 そういうときこそ、自分を見つめてみるといい。 「勘違い」から生まれたパワーによるさまざまな能動的な体験は、 確実にわたしを成長させてくれているのです。
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: