2009年07月31日

かしこまる思い

うれしいです。 そして、光栄です。 以前の記事「新・副会長」に書かせていただいたSAさんから、 愛用しておられた矢を受け継ぎました。 実質、いただいてしまったのです。 四本の竹の矢。 節(ふし)の間隔がきれいにそろっていますし、 羽は、鷲。 装飾に巻いてある糸は、真っ白。 高段の先生方が持っている矢とそっくりです。 たぶん、●●万円すると思います。 「一本25万円する矢は、誰にもやらない。」 と、あとでおっしゃってましたから、 常日頃でも、相当、高価な品を使っておられることでしょう。 ほんとにいいんでしょうか? 何度も断りましたが、最後は半ば叱られるような勢いに ふと手が出てしまいました。 いただいた以上は、その矢に恥じない射をするのみ。 次に受ける称号試験には、これを持って出ようと思っています。 心ん中に、でーん!と、「力の支柱」ができたような。 安心と自信の柱です。 本日、暇を作り、弓具店に行くことにしました。 わたしの体に合わせて、1cmカットしてもらうためです。 そして、来週水曜日、SAさんの前で、一射め、引きます。 <追記> さっき、卵を焼いていて、くるっと回したとたん、 となりの鍋の隙間から勢いよく出ていた蒸気に 指があたった。 突き刺すような痛み。 (あ、これ、ヤバイ!) すぐさま冷蔵庫から凍った保冷剤を出し、 指に当てた。 ただいま、一時間半経過。 保冷剤をはずして見てみる。 右の人さし指、背面1.5cmほどの皮膚が、 ぶよぶよしている。 ジンジンして息がつまる。 痛いよ。痛いよ。痛いよう?。 水ぶくれができるのは確実。 あんなにすばやく対処したのに・・・・うっうっ・・・ 氷を乗せて、タイピング。 人さし指の役目を中指がする。 これで、本日のアップ終了。 ふぅ?。
posted by akane | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: