2009年02月28日

よみがえる言葉


いいお天気です。
絵の具の青色にほんのすこ?し白を混ぜたら、
きっとこんな空ができるかな。

NHKの「だんだん」を見ています。
この間から続く、研修医の石橋さんと看護学生のめぐみとの会話。
聞きながら、ふと、よみがえってくるのです。

ずいぶん昔に言われた言葉。
「あなた、精神のリハビリをやりなさい。」

石川整肢学園の元院長の言葉です。
私に、その道に進めというのです。
出向して講義してくださった最終日、
テストの答案用紙を返されたときのことでした。

当時の私は、何も知らない、なんの自信もない一学生でしたから、
その言葉の意味を立ち止まって考えることはしませんでした。
突然の言葉に、驚いただけです。
けれど、あれから何年も経っているのに、何かの折には
それが頭に浮かぶのです。

なぜその言葉を私に言われたのか?
私は、どうすればいいのか?

もしかしたら、私にだけでなく、ほかの人にも
同じことを言われていたのかもしれないけど、
それを問うには、すでに先生はこの世にはいらっしゃいません。

若い時にかけられる言葉というのは、「酷」ですね。
その課題に一度は真摯に向き合わねば、きっと一生、
心の奥でひっかかったままになりそうです。

でも、それでいいのだと思います。
もし言われた時点で、理解したふうに安易に答えを出していたら、
私は今、路頭に迷っていたかもしれません。



「病気は、同じ病名でも100人いれば100人とも症状は違う。
 僕は、患者さんの心に向き合うことができない。自信がない。」

今日の石橋さんの言葉です。



※歴史の中の今日

1935年 ナイロンを発明
米・化学会社デュボン社「ポリマー66」の開発成功。
1940年婦人用靴下として販売。爆発的売上となる。
20世紀画期的発明の一つ。

1999年(平成11)年 初の脳移植
高知赤十字病院で40代の患者が臓器移植法施行後初めて
脳死と判定される。その臓器は種々の大学に運ばれ移植された。

(神戸新聞より)


posted by akane | 日記