2009年02月24日

心が揺れてたまらない「おくりびと」


「おくりびと」、アカデミー賞、取りましたっ!!

そうですよ、そうじゃなくっちゃ!!

今までに見たことのない映画でした。
何がどうなんだと、説明できないのです。
言葉で理論立てられない。
ただ、心がやたらと揺れるのです。
たまらなくなるのです。

幼いころ観た「ブラザーサン・シスタームーン」以来の感動・・・・・。

丁寧に丁寧に作られた映画。

私の一生のバイブルになるでしょう。

アカデミー賞を取ったという知らせは、仕事先の家人の方から
お聞きしたのですが、もう嬉しくて。

時間が経てば経つほど、胸の中に広がって。

そしたら、次々と・・・・

小林秀雄氏、柳田國男氏、中原中也氏、今田康氏、神谷美恵子氏、
柳澤桂子氏、川端康成氏、東山魁夷氏、三島由紀夫氏、宮本輝氏、
辺見庸氏、藤原新也氏、養老孟子氏、茂木健一郎氏、石川直樹氏、
内田樹氏、加藤秀俊氏、酒井雄哉氏・・・・・・・・・・

それぞれの方が、私の頭の中でリンクし始めたのです。

「おくりびと」を観るにあたって、私はそれまで触れた作品の数々、
そこから学んだことをもとに、映画の内容を理解しようとし、
そして、五感を震わせたのだと思います。

なんだかそのことが嬉しいのです。

それらが結びつくことで、生きるうえで私が何を探し求めているのか、
少しのかけらに近づけたことが嬉しいのです。


改めて、おめでとうございます。

日本人、すばらしい!



posted by akane | 日記