2008年12月07日

スポーツの裏。


昨日は、シスメックス主催のスポーツサイエンスセミナーに参加。

今回のテーマ、「スポーツと栄養を科学する」。

実際は、栄養というより、コンディショニングを整える話の方が多かったな。

三重大学の教育学部准教授 杉田正明先生
WATSONIA代表 管理栄養士 川端理香先生
東京スイミングセンターコーチ 平井伯昌(のりまさ)先生
大阪ガス陸上部朝原宣治(のぶはる)先生
討論の部コーディネーター、月刊スポーツメディスン編集人 清家輝文氏


オリンピックにからんだ講師陣!

内容は http://www.sysmex.co.jp/astrim/seminars/index.html

いろいろ聴いていると、トップの方々は、目標がはっきりしているし、
意志も強いし、周囲への観察力も気配りも鋭い。

目標がはっきりしているから、途中のごちゃごちゃした出来事なんか気にしない。
夢を見て、それに向かう自分が楽しくてしょうがないといった感じ。

それは、実際、自分が選手だったり、支えるスタッフだったり、立場は違うけれど、
向かう先はおんなじで、一緒に夢を見る。

すごいパワーになる。

いいなあ・・・・・その感じ。


さて、今回の話からいろいろ得られたことはあるが、自分の目標に近づく要因として、
まずは、身体づくり。

栄養学と筋肉の疲労回復について、改めて勉強しなおす。

日頃の姿勢から筋肉の使い方を洗い直し、弓引きの身体にしていく。

アドバイスは仕事にも生かせると思う。

やれるゾ!よっしゃー!!


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45806225

この記事へのトラックバック