2011年05月27日

キネシオテーピングに恋をした。


ああ! 昨日、2355見ずに寝ちゃってた!

1日の終わり、5分の癒しタイム。。。

ハゼのドビーくんのひとり言、見れんかった。。。。

うっ・・・


さぁ、元気出して日記、書きますかね・・・・



昨日は、肩から腕にかけてテーピングをして弓を引きました。

実は水曜日にJ先生が施術のあと、「テーピングしてみたら?」とおっしゃったんです。

「弓引くのには痛くないんですけど・・・。」と私。

するとJ先生、「血行が良くなるよ。」と。

その言葉がピン!とひっかかってね。


帰ってからさっそくどの幅を買ったらいいか調べ、ドラックストアへ。

(伸縮性があった方がいいよな。。。)

茶色のキネシオテープというのを買いました。

さあ、このキネシオテープ、伸縮性を重視して買っただけでしたが、
調べれば調べるほど、めちゃ興味深いテープじゃないですか!


効果を挙げると以下の通り。


1. 痛み・凝り・内出血の改善

 キネシオテープを貼ると、体内に隙間ができてリンパ液の流れが良くなる
 そのことで新陳代謝がよくなり、人間本来の自然治癒力が高まる。
 

2.腫れや内出血の軽減 

 リンパ液だけでなく、血液の流れも良くなる
 血行が良くなると、酸素も栄養も体の隅々に行き渡るようになり、
 疲労の回復も早くなる。
 とくに痛んだり腫れたりしてなくても、ちょっとだるい時、
 疲れが取れない時、また、冷え性でお悩みの方にも効果的。


3. 痛みの緩和 

 スポーツや仕事の種類などによっては、特定の筋肉を酷使する場合がある。
 そういった筋肉は、障害が発生しやすい箇所でもある。
 事前にキネシオテープを貼っておくと障害発生の予防に役立つ。


4.リハビリ / 機能回復効果 
 
 キネシオテープは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があり、  
 貼ったままカラダを自然に動かすことができる。
 リハビリに、なかなか時間が取れない場合、
 キネシオテープなら貼るだけで効果があるので、無意識のうちにリハビリができる。


どうです、すごいでしょ!

さらに調べてみると、キネシオテープは、「カイロプラクティック」の
治療現場で生まれたもの


カイロプラクターの手の働きをするテープなんですって。

カイロプラクターさんの手って、こんなすごいことやってんの!?
わあ〜〜〜〜。。。


さらに、さらに、

キネシオテープは、貼り方にも特色があって、
伸縮性のあるテープを痛いところに筋肉(皮膚)を伸ばして貼るのね、
で、筋肉(皮膚)を伸ばした状態から普通の状態に戻した時に、
テープが皮膚の表面を持ちあげてシワがよる。
筋肉が伸びすぎないように調整されているため筋肉が動かしやすくなり、
痛みの受容器に対する刺激が小さくなる。

それで、そのシワはテープの伸縮性と粘着性によって、
筋膜・皮膚を持ちあげていることを意味するのね。

伸縮性テープが密着した皮膚の下には、10ミクロン(サランラップ1〜2枚の厚さ)
というわずかな隙間がつくられて
、その隙間にリンパ液が流れ込み
擦れ合って痛む筋肉や各組織間の摩擦も緩和し、痛みは抑えられるようになって、
人間にもともと備わる自然治癒能力を発揮しやすい環境を作る・・・・。


このテープの伸縮率は筋肉(皮膚)のそれと同じ30〜40%に設計されていて、
別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれてるんだそう。



おおお〜〜〜感動っ! 。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。



すごい、すごいよ、キネシオテーピングっ。




「従来のホワイトテープの固定テーピングの発展したもの」
という観点からしか見てなかった私はなんて無知っ。。(^^ゞ


もう、毎日貼っちゃう。





※参考にしたサイト。もしよかったら。

PLUPLU のキネシオテーピング講座

キネシオテープ貼り方講座

キネシオテープ・キネシオテーピング法のご案内

キネシオテーピング協会


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45517284

この記事へのトラックバック