2011年04月29日

ほんとうの障害は・・・・

介護保険関係の仕事では、1人の利用者さんにケアマネジャー、
看護師、ヘルパー、リハビリスタッフ、介護機器取扱業者など、
多くのスタッフとチームを組みます。

こっから下は、愚痴・・・猫

昨日、利用者さんのNさん宅に伺った時、NさんとNさんのご主人から
リハビリ回数を増やしたいと聞いたのです。

Nさんは、一時入院から退院したものの脚がすっかり弱くなって
ご主人の助けがないと立てなくなってしまって、
ご主人も腰の調子が悪いので、十分な介助が出来ないし安全面も心配。
短期間でも集中してリハビリしたら?と息子さんに勧められて、
本人さんたちもそうしたいということなんです。

事務所に戻ってから、ケアマネジャーさんに相談。

「おお、それは前向きな考えやね!」と、さっそくケアマネジャーさんは、
サービス提供票を出して眺めました。

Nさんは、ヘルパーさんやデイサービスも利用しているので
補助が受けられる介護保険の点数枠はいっぱい、いっぱい。

「なんとか、無い頭でひねり出してみますわーい(嬉しい顔)」とケアマネジャーさん。

「よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)」と、私はスタッフルームに帰りました。

スタッフルームにNさんのチームメンバー、看護師のSさんがいたので
事の次第を説明すると、

「え〜〜〜、そんなん、やる意味あるの〜?」と第一声。
「(ご主人、本人、息子さんら、)回りの言葉に振り回されない方がいいんじゃない?」

今までの経緯をみても、Nさんがやる気を出してやってくれるはずないと。

あ。。。

実は、この看護師Sさんに話を持っていくと、すんなり事が運んだことが
ないのでありますもうやだ〜(悲しい顔)

看護師Sさんの話を聞いていると、こうこうこうだからこうなんだと論理的。
昨日も、ふん、ふんと聞いていたんだけれども、だんだん、(あれ〜?)って。。犬

その口の立つ様子は、私は嫌なの!という“拒絶” が根本にあって、
バリアビーム雷台風バリバリ。
こりゃ、Nさんの事を進めるよりも、(この看護師さんを納得させるほうが大変だ。)という
思いのほうが頭をめぐりました。

Nさんとの関係で何かあったのか・・・
看護師さんの役割はチームの中心みたいもんですからね。
強引には進められません。


それとも・・・これは・・・

看護師Sさんが言うように周囲の言葉に私は振り回されているのか、
私の話の持って行き方が悪かったのか、
夕方の疲れた時に話しかけたのが悪かったのか、
Sさんは、もうこれ以上、Nさんにかかわりたくないのか・・・がく〜(落胆した顔)


テンション下がる。。。ぐすん。。。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)




いやいや、

「やれるかどうか」は・・・やり方を考えるのがこちらの仕事。
やりたくない人もやりたくなるようにモチベーションをあげるのもこちらの仕事。

やってみなきゃ分かんない、

出来なけりゃ練習すればいい、

どうしても出来なければ、やれる方法を考えればいい、



これが私のモットーだい!手(グー)グッド(上向き矢印)



 
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44624478

この記事へのトラックバック