2011年04月23日

疲れたら散歩に出よう、音を聞こう。


書きものの仕事をパソコンに向かって続けていると、
頭の中で独り言のように喋る感覚が抜けなくなって、休みたいのに休めなくなる。
頭が重くて気持ち悪くなる。

そういう時は、頭の違う領域を使おう!

まずは体を動かすといいってんで、散歩に出た。

酒井大阿闍梨もおっしゃってたし・・・「歩け。」ってね。

ちょうど雨がやんだ。花粉の飛びも少ない今がチャンス!
久しぶりにカメラを持って出かけてみるか。


100mほど歩くと、つつじの花壇あり。

ポツリポツリと開きはじめてる。

つつじ2


そうだ!卵が無くなりかけてるからお店に寄ろう。
ショッピングセンターへの橋の上から。
スーハー、スーハー・・・深呼吸。

緑の街1


帰りは図書館横のリンゴ並木。

かわゆし。

リンゴの花


雨上がりは気持ちいい。。。





<追記>

帰ってから急にが聴きたくなった。
美空ひばりさんの「愛燦燦」(あいさんさん)が聴きたい。

家の中を探し回ったが、テープが見つからない。
パソコン部屋の引っ越しの際、どこかに何気に突っ込んでしまったらしい。

頭の中をほどよく揺らすには美空ひばりさんが無ければ・・・小田さんやな。

小田和正さんのCDをかけた。夕飯を作りながら聴いた。

夜、爆笑問題さんが、サザンの桑田さんの歌のうんちくを
小学生に語る番組をやっていた。

自分がまじめに文章に取り組み出してから気がつきはじめた。
桑田さんの曲の歌詞を意識したら、ハートをがっつり握られるよ。

マイナス100度の太陽

悪さしながら 男なら 粋で優しい馬鹿でいろ

こういう表現は小田さんの歌詞にはないんだ。
小田さんの歌詞はストレート。
好きなら好きって。


爆笑問題の太田さんが言ってた。
桑田さんの歌詞には男の「やせがまん」がつまってんだって。
あとになって、それが男の美学になるんだって。


でもね・・・

女だってさ・・・女だって、そういうヤツもいるんだよ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44505870

この記事へのトラックバック