2011年03月27日

うちの母さん、頑固ですか?

昨日は、臨時出勤。

仕事先のNさんご夫妻の長男さんと長女さんの都合のよい日を選んで、
Nさんご夫妻を除き、スタッフ合わせて5者ミーティング。

Nさんの奥様が74歳で病気の後遺症で1人では立てない状態。

Nさん(ご主人)は、腰痛持ち。

2人暮らし。

「さて、今後2人に対しての援助をどうするか?」

という話し合いです。

奥様は、ご主人の介護を求めます。

けれど、ご主人は周囲に「疲れた。もうできない。」ともらしておられます。
うつ傾向も悪化。抗うつ剤を飲んでます。

周囲にはもらすけど、奥様には言えないんですよ。
つらい・・って。


今までさんざん、ケアマネジャー、看護師・・・らが「こうしてみたら。」と、
奥様に提案してきたのですが、なんだかんだと理由をつけて拒否。

こうなるともう、息子さんや娘さんの出番です。

現状を知ってもらうんです。

一般的に、「お母さん」って、息子さんの言うことは聞くんですよね、案外。

娘さんは、
「ええ〜、そんなこと言っても上手くできるかなぁ・・・お母さん嫌がるよ〜。」
と言い、お母さんの思考パターンそっくり。

息子さんは、
「父さんを楽にしてあげられるんなら、母さんにはこうしてもらわないと。
 嫌でもなんでも、こうしなきゃいけないことは、こうしなきゃいけないんだ。」
と、強気。

(そうそう、私もそう思います。。。笑 )

どちらかと言えば、私たちスタッフは、問題があれば
それを解決する最短距離を考えます。
特に私の職種はそうです。

難しく考えることはなくて、やってみてできればOK。
できなければ他の方法を選ぶ、もしくは練習すればいい。
な〜んて思うんですけれども、人によってそう簡単にいかない。


こうして家庭を見させていただくと、考え方はいろいろ。

スタッフの提案の仕方も、それぞれの家庭に合わせて
話の持って行き方からして、いろいろ。


家族のお話、スタッフの話、そばで聞いているといろんな感情が・・・
かけ引きが・・・。



最後に息子さん、

「ぶっちゃけ、うちの母さん、頑固ですか?」



( あは、あははは。。。。(^_^;) )





<追記>

来週日曜は、もう4月3日。

長い3月。

もうしばらくしたら誕生日だ。


モクレン、桜

(向かいの公園のモクレンと桜。今年も咲いた。震災のあと16年間ずっと。)
posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44461680

この記事へのトラックバック