2011年02月22日

噛み合わせは大事。

今日、朝練に弓道場へ。

道場を掃除後、暖房用の灯油が無かったので
空の18リットルタンクを二つ持って
近所のガソリンスタンドに買いに行った。

一つは、Mさんが自転車に乗っけて、
もう一つは、コロコロに乗せて私が引っ張って帰った。

給油も終えて、弓を引こうとしたときに背中がピクッ!!

(うわっ、ヤバっ!)

ぎっくり背中になりかけて筋収縮を止めた。
すでに射位に入っていたので、背中を固定しながら弓を引いた。

思えば右手だけで引っ張って帰ったのがいけなかったかもしれない。

前に、買い物袋を片手にぶら下げて帰ってからぎっくり背中になった。
その前は、ほうきを持ったとき。

たいていアンバランスに筋肉を使ったときになるのだ。

アンバランスといえば、昨日、「噛み合わせ」の話をTVでやっていた。

噛み合わせが悪いと顔が歪んだり、肩こりや頭痛を引き起こしたりする。

スポーツ選手で、噛み合わせを良くしただけで力がアップしたのもよく聞く。

私は、以前に歯科医に「噛み合わせが強い」と言われた。
正常の人は噛んだとき、上下の歯の先が当たるか少しかぶさるくらい。
私のは下の前歯に上の前歯が全部かぶさる。
そのせいで下の前歯の先は削れてしまっている。

改めて昨日見てみたら、噛んだときに左側が右側より隙間があるような気がした。
歯並びの中心も左にずれている。

昔、左側は八重歯で、笑うとはみ出るのをなんとかしたいと手っ取り早く
犬歯を引っこ抜いてもらった。
歯のポジションを決める大事な犬歯が無くなったまま、やがて、年月をかけて
少しずつ少しずつ中心がずれてしまったのだろう。

噛み合わせ体操で、口を閉じて歯の外側を舌でぐるりとなめるのを
10回ほど繰り返してみると、左側の舌からあごがやたらだるくなる。
50回めざせ!というが、腕にまで響いてきて20回がせいぜいだ。

もしかしたら、いつも体の左側が力が入りにくかったり、
骨盤が左後ろにねじれていたり、だるくなったり・・・
これって、噛み合わせも関係無くもないな・・・と思ったりする。


こうなったら、噛み合わせ体操、舌先ぐるり50回できるようにめざそう!
顔だけじゃなく、体全体の調子も良くなるかもしれない。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43539800

この記事へのトラックバック