2011年01月29日

とにかくスゴイ。


知らんかったー。

こんな人がいたなんて。

めっちゃスゴイわ。

昨日の金スマ。ゲスト出演。

栗城史多(くりきのぶかず)さん。

6大陸最高峰(8000メートル級の山々)を単独・無酸素登頂。

それだってスゴイよ。
でももっとスゴイのは、なんといっても自分の登頂シーンを自分で撮影して、
インターネットで配信したってこと。

だって、何キロあると思う?撮影機材。
ハンパじゃないよ。

それに大きなクレバス渡るとこなんか、カメラを元の場所に設置したまま、
まず先に自分が渡ってその姿を撮影しといて、また戻ってカメラを回収して、
ほんでまた、そこを渡るの。

それって、どんだけ怖いのよ。

ぎりぎりのとこ、通ってやれやれって感じなのに、また戻って。
命がけのこと3回繰り返してるんだから。

そんなスゴイ、生(なま)の場所、今まで見たことなかったから、
見させてもらって感激!

私も日本の山を登っていたことあるけど、剱岳登るのなんか、
鎖持って岩に飛び移ったり、壁にへばりついたり、
少しでも荷物軽くしたくて、コンパクトカメラさえ持っていくのためらったもん。
富士山の時なんか、カメラ持っていかなかったし。(←後悔千万。)
栗城さんとは比較にならない話だけどね。

体、162センチ、60キロって、そんなに大きくないよね。
どんだけ強靭な体なのかって、いろいろ調べてもらったら、
普通の男性より劣るくらいだったって。
子どもの頃はぜんそく持ち。おまけに末端冷え性とか。

じゃあ、ほかに何か特別な能力があるんじゃないかってんで調べたら、
どうやら、

ドM  

なんじゃないかと・・・・犬

    
くるしい・・・

つらい・・・

もうダメだ・・・


となると、それを抑制するホルモンが脳からドクドク・・・と
ほかの人よりも多く出るらしい・・・


へぇぇぇぇ!!!!


私の  は、まだまだだと思った。


 
栗城さんのサイトはこちら→http://kurikiyama.jp/index.html

スゴイ映像、続きはyoutubeへ。「苦しみよ、ありがとう!」って言ってはるもんなー。




<追記>

これまた初めて知ったこと。

今までアタックしてきて惜しくも志半ばに倒れた人たち。
遺体が雪の上にそのまま残っている。

なんとそれが頂上の目印になるだそうだ。

ほんとスゴイ世界だ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43029787

この記事へのトラックバック