2010年09月24日

寒くて長い試験の日

昨日は、寒かったーぁ。

前の日が相当暑かっただけに、あそこまで冷えると思わないから、
半袖でいいかって思ったのね。かろうじて薄手のジャケットを
鞄に入れていて良かった。
それ着ても一日、屋外でじっと見学しているのは寒かったなぁ。。。

昨日は、弓道の弐級から四段までの昇段試験。

県立道場に行かなあかんかってんけど、JRが大幅にダイヤが遅れていて、
受験者のみなさんは予定が狂って大変だったと思う。

私は応援組。で、ゆっくり出発。観覧席でひたすら見学。

同じ道場の後輩方々が出てくると、「がんばれ!」って心の中で声援。
両手は握りこぶし。

見てるのって、ドキドキするもんやね。

ミスはあったものの一級から弐段までの人は、全員合格。

ただ、三段、四段は・・・・。

男性陣いわく、
「いざとなったら、女の方が強い!」

ははは・・・その通りの結果でしたね。
女の人の方が、肝がすわっているかも。

ところで昨日は、気温の変化もあってか、中る人が極端に少なかった。

審査員の先生が渋い顔。

とにかく今までの昇段試験で、9月にあんなに寒かったのは
初めてじゃないかな?
どんなときでも動じない射ができるようにならんとね。


後輩のみなさん、受験して何か得られたものがありますように!


<追記>

私たちの道場の会長。


hansi

いつでもどこでも、変わることのない射。中る射。
学ぶことがたくさんある。手取り足取りでも学べないこと。
大事なことに気づいていないことに気づいた昨日。


tekityu


高段の先生方の本日の試験のデモンストレーション。

enbu1

5人ずつ、道場を2射場に分けて。
enbu2



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40903429

この記事へのトラックバック