2017年11月28日

忘れられない・・・


10年くらい前にね、

ブログ始めた頃になるかな、

訪問していたお家があった。

Tさん宅。

その時、奥様が50歳で、ご主人が60歳。

バリバリの大手会社の役員、

飛行機で世界を飛び回っていたご主人が倒れたのは56歳の時。

脳の大出血。

命は取りとめたけど全身の麻痺とコミュニケーション障害が残った。

病院を転々としたあと、在宅に戻る時に我がステーションに依頼が来て。

障害はあっても、時々発する言葉がとってもおもしろいご主人。

「あかねさんですか、きれいですね。」

「Tさん、顔見て無いのにぃ〜!」・・・と突っ込んだりして(笑)

昔から、人を楽しませるのが好きで、

ホームパーティとかよくしていたのだと。

意識は時々飛んで、まったく反応が無くなることも多かったけれど、

意識がある時は、どんだけ笑わせてくださったか。


昨日朝出勤、Tさんが亡くなったと第一報入る。

調子が悪いとは聞いていたが、まさか亡くなるなんて。

スタッフ全員、信じられず。

わたしの訪問は10年前に終わっていたから

詳しいことは分からなかったけど、

つい先日まで訪問していた看護師が言うには、

奥様の名前をはっきり言い、

「きれいでしょ、ボク、彼女が大好きなんです。」

と、元気に話していたと。


昨日夕方、お別れに行った。

14年間を振り返る奥様、

今までのことを明るく明るく、しゃべり続けられ・・・

ご主人のお顔を撫でながら。

「14年も自由に動けないなんてしんどかったね。」

と、奥様。

(奥様もお疲れ様、よくがんばられましたね・・・。)

言いかけたけど、飲んだ。

ご主人を前にしては言えなかった。

奥様に負担をかけていたことは、何よりもご主人が

知っていたと思うから。

そのご主人を前にして言えるわけない。

そこんとこは、長年担当していた看護師が声をかけてくれてると思う。


この先、ずっと忘れられないご家族、

すてきなご主人と奥様でした。



<追記>

お嬢様育ちで、くったくの無い奥様。

10年前、訪問していた時、

ボトッと目の前に落ちてきたゴキブリを
「キャ〜〜〜〜!!!」
と、言いながら履いていたスリッパでバシッ!と叩く、

そのギャップに、心の中で大笑いしていたわたしでした。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181697214

この記事へのトラックバック