2017年09月19日

きれいな愛を感じたドラマでした。


「ごめん、愛してる」、

暗い、つらい・・・と言われ続けたドラマ。

この間の日曜日に最終回、

ティーバーで鑑賞。

つ、つらかったわ・・・

律の人生の閉じ方が・・・

きれいすぎる。

泣けた。。。

いや、きっとわたしも記録された物、

自分ですべて抹消して最後を迎えるだろう。


最近の日曜劇場とは路線違いの

チャレンジドラマでした。

ひさびさに正当の愛のカタチを感じましたわ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181037679

この記事へのトラックバック