2017年03月19日

上映会「ペコロスの母に会いに行く」


昨日、大阪府地域福祉推進財団主催の行事に参加。

3月初めに、

「ペコロスの母に会いに行く」を見に来ませんか〜?

っていうメールをいただいたので、行ってきました。

この映画、2013年公開ですが、今でも町中でポスター見かけるんですよ。
車椅子に乗ったおばあ様がつるつる頭をなでなでしているの、
いい映画だと分かってましたが、未だ見てなかったんですよね、
即、参加の返信をしました。

貴重なことに上映前に原作者の岡野雄一さんの講演もあったんです。

「母」は、岡野さんのお母様がモデル。

お父様が亡くなってから認知症が始まり、
5年間家でみられた後、グループホームに入所。
9年後、亡くなられたそうです。

お父様はとても繊細な方で、家族を養うために勤め人となったのですが、
それが相当ストレスだったらしく、お酒で紛らし、暴力を振るう、
包丁を持ち出すこともあり、お母様は大変苦労なさったそう。

お母様の入所先を探している時、
岡野さんご本人が入所する人だと間違えられたエピソードとか、
介護している中で感じたことなど、
これらを聞いてから映画を見ると、現実に結びついちゃって、
もう、ぼろっぼろ。゚(T^T)゚。 でしたわ(笑)

認知症になった人の症状って、千差万別。
そして起きている症状にはそれぞれ意味があるんですね。

その人の生きてきた道を大切にしたいです。

こんなステキな映画、無料で観させていただいて、
大阪府地域福祉推進財団 様に感謝!します。





<追記>

帰りに思わず、「ペコロス」買ってしまいました。

ペコロス

あったかい野菜スープ作りましょうか。






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179140939

この記事へのトラックバック