2016年05月25日

ずるい。


いやー、昨日の乳児4か月健診、

対象33児で少なかったのですが

なんかバタバタして落ち着かない健診でした。

栄養士さんも走りまわって、終わった時はぐったり。


中でもモヤモヤが残ったのが、あるお母さんのこと。

赤ちゃんがひどい湿疹。
顔はもちろん、体じゅう皮膚が赤くボロボロ。
汁も出てる。

医師が対応について尋ねると、

まだ病院行ってません。」

と、答える。

「予防接種もまだですね。」

と、尋ねると、

○○医院が良いと聞いてるので・・・・

と、答える。

「じゃ、これから、ですね。」

と言う医師に対して「はい。」と返事。


ところが、後にある保健師との面接で、
違和感を感じたK保健師、

「もしかしてお母さん病院嫌いですか?」

と、問うと、「ハイ。」と。

結局ね、赤ちゃんを病院に連れて行く気持ちはまったくないんですよ。
予防接種もするつもりなし。

悪いですねー、こういうの1番ずっこいです。

保健師さんも言ってました。
「行かないなら行かない、やらないならやらない、
 と、言ってくださるほうがいいんです。」
と。

まだ・・・」とか「○○医院が良いと聞いてるので・・・」と言われたら、
そりゃ、医師もそこへ診察に行くもんだと思うじゃないですか。

相手の良いように判断させくぐりぬける・・・ほんまずるい。


自然派志向で育てる親御さんたちいますけど、

ここまでボロボロの皮膚になった赤ちゃんは
その自然派には合ってないんじゃないでしょうか?

かゆくて、抱っこしても顔を保健師さんの胸にスリスリしてました。

眠れなくて泣きわめいてました。


自分たちが「赤ちゃんに良いことやってる」という思いは置いといて、

目の前の赤ちゃんの現状を見て判断なさったら?



<追記>

結果、特定の日を指定、病院に行ったか、その後どうなったか、
確認の電話を保健師が入れることを承諾を得ました。
でも、電話に出ない、出てもごまかす、大いに予想されます。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175427162

この記事へのトラックバック