2016年04月05日

初対面がパニック状態


昨日はホンマ、こんなことがあっていいのか、でしたよ。

初めて伺うNさん宅、3時に以前来たことのある看護師と待ち合わせしたが、
時間になっても来なかったので、ピンポン鳴らした。

「どうぞー」と言われたので入ったら、
まあ広いお家で、どっちに進んだらいいのか分からない。

光を頼りに進んで行ったら、Nさん(らしき人)がいたので、
(なにせ初対面ですから)

「はじめまして。」

と、名刺を出してあいさつ。

受け取ってくれて、笑顔はあったものの、

「ハアハア・・・」言ってる。

慢性呼吸器疾患とは聞いていたので、

(えー!?こんなにしんどいのに酸素1リットル設定で
 毎日過ごしてはるん!?)

と、不思議感でいっぱいの第一印象。

でも、やっぱり変。

これは!

「看護師も来るので大丈夫ですよ。」

ふーっ、ふーっ・・・・吐く息を強調させる。


まあこのあと看護師も到着し、
徐々に呼吸がおさまったのですが、
いきなりパニック状態の呼吸困難の患者さんですよ、初対面が。

何十年とこの業界にいますが、初対面でこんなことって、
初めてですよ。

(これはないっしょー。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174779925

この記事へのトラックバック