2016年01月12日

ん十年越しの課題。


年末ドラマ「赤めだか」談春役=嵐・二宮さん
→ 二宮さん=新春ドラマ「坊っちゃん」
→ NHK過去のドラマ「坊っちゃん」

さわりをかじっては、
最終的に1930年代の「坊っちゃん」にたどりつきました。

白黒の輪郭もはっきりしない映像です。
でもこれが一番、小説「坊っちゃん」に忠実じゃないかと。

なにしろ言葉がきれい。

相手をどついてたって、きれい(笑)

時代が時代で女中さんに対するあつかいはひどい部分もありますが。



小説はいつも1ページ目から進まなかった記憶が。
(小学生の時購入。)

今回、まずは映像からだいたいのあらすじを把握。

今だったら、読めそう(^^)b

むしろ、今の年齢の方が理解できる。



<追記>

何十年持ってんねん!(笑)

坊っちゃん1

坊っちゃん2

シミだらけやし〜。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171769975

この記事へのトラックバック