2015年10月22日

ドラマと映画「紙の月」


去年の今頃も映画やドラマを見まくってたっけ。

秋の気配がそうさせるのでしょうか。

この数日は「紙の月」を見ました。

角田光代さん原作で、NHKのドラマにもなったし、
映画にもなったもの。

全編は見れませんが、半分以上はネットで見れます。
(ドラマは全部見れます。)

昨年見た「八日目の蝉」も角田光代さんの原作で、
同様にNHKのドラマと映画にもなってます。

「八日目の蝉」は映画の永作博美さんの演技がすごくて、
ドラマよりも映画のほうが良かったなあと思いましたが、

「紙の月」はドラマのほうがいいと思いました。

映画のほうは、主人公がお客様のお孫さんと親密な関係になっていく
過程が説明不足の感あり。
心理描写はドラマのほうが細かく丁寧に描かれていて、見てて納得いきますね。

女優さんはどちらもぴったり。

ドラマは原田知世さん、映画は宮沢りえさん。

どちらもきれいで演技も確か。
お二人とも素敵に年を重ねて、見ごたえあります。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166257545

この記事へのトラックバック