2015年06月11日

健診を受ける立場。


昨日、職場の健康診断にて県の予防医学協会に。

健診といえば、いつも会場で迎える立場であるから、
昨日は受ける側の立場からじっくりと観察。

次は○○に行ってくださいね・・・という指示一つにも
言い方で印象は変わるし、頭への入り方も変わってくる。

無駄の無い、的確な、かつ、今日は健診に行って良かった〜と思える
対応を研究しよう。


「あたし血圧高くってさぁ〜、深呼吸して〜大丈夫、大丈夫、
 なんて言われたらプレッシャーよ、ますます緊張しちゃって。」

横に座った女性が同僚にボヤいている。

(そっかー、医療側からすれば落ち着いてもらおうとして
 声掛けしていることでも、一般の人にはプレッシャーになるのかあ。。。)

わたしが携わっている乳児健診でも、看護師さんがすっごい気ぃ遣ってる。
ドクターがちょっと発した言葉に、瞬時にママの顔色の変化を察知、
あとでフォローに追いかける。


ほんとにたいしたことない大丈夫、
と、何気に言葉を発していることはわたしにもあるぞ。

言葉、ちゃんと使お。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/140038840

この記事へのトラックバック