2015年02月11日

K氏って、いったい何者!?


先日、K氏に半年分のセミナーのビデオを送った。

32G USB 2本分。

セミナーをまるまる録画したもので、数十時間もの多量の情報だ。
どっからどう手を付けていいものか考えあぐねていたら、
K氏のほうから、約束のビデオはどうなっているのかと、電話が来た。

DVDにしたらものすごい枚数になるでしょ、
USBに入れて送れ、と。
(もちろん、言葉はもっとやさしく丁寧。)


やりとり1週間もしないうちに返って来た。

K氏のUSBもいっしょに。

昨日、じっくり中身を見た。


K氏、いったい何者!?

わたしが送ったビデオは画質調整で容量が1/5になっていた。

画面には文字入り、内容ごとにまとめ、

さらに、

ほかのセミナーのビデオ、まとめたエクセル画面、
関連の文献資料・・・まで追加。


天才か!?


情報処理能力がスゴイ!!


K氏、会った時の感じは、控えめなおだやかな、ほわわ〜んとした
どちらかというと目立たないタイプなのである。

しかし、本当はとっても頭のキレる人なのだ。
(そういえば確か以前は工学部系の仕事をしていたとか聞いたような・・・)


人は見かけによらない。

この頃のわたしの方針だ。

今まで直感を信じてきたが、
わたしの場合はむしろ自分の感覚を疑ってみたほうが
事実の把握と解釈ができる。


第一印象は疑ってかかれ、だ。



<追記>

凄い人に出会ってしまった。
別のセミナーで以前から見かけていた人だが、
あるセミナーでたまたま隣同士となり話したのがきっかけ。
この時すでに、神様は、ビデオの編集をしてくださる人と
出会わせてくれたのだな、きっと。
神様って、いるんだ〜。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113538098

この記事へのトラックバック