2014年12月08日

心の中できっぱり縁が切れた人。


昨日は、午前、セミナーのお手伝い。
午後は、弓道の仲間から「会いたい。」とのラブメール(?)あり、
1年半ぶりに再会。


セミナー、1か月前から職場の人に勧め、「行く。」と言ったので
チケットを渡し、2日前もそれとなく確認したのに案の定、ドタキャン

物事を頼んでもあてにならない人?と、うすうす感じてはいたが、
前日の仕事でも約束の時間に来ず。それも自分から時間を指定しておきながら。


朝起きて、なんとなく予感。

きっと「行けなくなった。」とメールが来るに違いない。

と、思っていたら、ほんとに来た。

「昨日、歩きすぎたのか、腰の調子が悪く、セミナーに行けそうにありません。 
 ・・・・チケット無駄してすみません。・・・・
 また教えてください m(__)mm(__)mm(__)m」


だからあ〜、腰痛セミナーなんだって。


もう誘わん。

その人が、切らんでもいいヘルニアの手術をしようが、
ヘルニアだと診断されて、あんまり動いたらいかんから仕事減らさして〜
ってみんなの前で宣言していようが、

そうすることがその人にとって楽ってことなんやな。
もう何も言わん。


道場もえらいことになってるようだし。


あたし、今まで出会う人ごと、
いいようにいいように見る傾向があった。
それって、買いかぶりっていうのかな、
というか、無知やったんやな。


この頃は、一呼吸置いて人を見ている。
(本当のその人はどんな人?)心の中で問う。

その方が相手もわたしのおせっかいをこうむることもないし、
ホントの仲間だけが残ってくると思う。

不思議だ。
縁をズバズバ切っていっても、全然怖く無くなってる。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106236318

この記事へのトラックバック